ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立オートパーツ&サービス

日立ダイアグノスティックツール HDM-330 メイン画像

   

サポートセンタご利用規約

セット内容

●表示部(LCD):5.0インチ(800RGB 480pixels) TFTカラー液晶 ●OS:FreeRTOS ●操作キー:ENTER/EXIT/↑/↓/→/← ●標準I/F:High speed CAN、Low Speed CAN、Single Wired CAN ISO-9141、ISO-9141-2、KWP2000、SAE-J1708、J1850(PWM-VPW) Generic(pull-up、UART×2)、DDL、MMC ●PCI/F:USB2.0 micro-B(OTG) ●CPU:ARM Cortex M7 216MHz ●ROM(OS):512KB ●ROM(AP):8GB ●RAM:256MB+256KB ●内蔵電池:3.0V(時計用) ●電源電圧:DC10〜32V  ●使用温度範囲:0〜50℃ ●保存温度範囲:-20〜70℃ ●湿度:20〜80%rh(ただし結露のないこと) ●本体サイズ:141mm(W)×237mm(H)×56mm(D) ●本体質量:470g ●プリンタIF:Bluetooth® BR/EDR BLE4.1

安全に関するご注意

  • 火気のある場所や密閉された場所で使用しないでください。
  • ガソリン・オイルなど可燃物の周辺や法令で第一類・第二類危険箇所に指定されている場所では使用しないでください。火災や引火・爆発する原因となります。
  • 湿度の高い場所、雨雪などの水分のかかる場所では使用しないでください。漏電、感電やテスター破損の原因となります。
  • 本製品の分解や改造は絶対に行わないでください。
  • ご使用の際には、必ず取扱説明書をお読みになり、注意事項をお守りください。
  • HDM-9000本体裏面のスタンドでハンドルに本体を立てかける際は落下防止に注意してください。
    また、HDM-9000本体をハンドルに立てかけたまま、運転をしないでください。