ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立オートパーツ&サービス

健康経営宣言

日立オートパーツ&サービスは、「安全と健康を守ることは全てに優先する」という不変の理念の下、安全活動と共に従業員の健康保持・増進活動である「健康経営」を推進して参ります。
「安全に妥協なし」の信念で、誰もがイキイキと安心して働くことができる安全で快適な職場づくりに努めることを宣言します。

株式会社 日立オートパーツ&サービス
代表取締役社長 豊国 尚

1、活動内容

日立オートパーツ&サービスは、「安全と健康を守ることは全てに優先する」の理念の下、従業員の健康維持増進のためさまざまな取り組みを実施しています。
健全なワークライフバランスの取れた生活を送ることは、心身の健康、業務の品質や安全性、効率性の向上につながります。仕事を楽しみ、工夫しつつプロフェッショナルとしてのワークライフバランスの実現に向けて日立オートパーツ&サービスは従業員とともに活動していきます。

  1. 健康診断受診率100%
    人間ドックは35才から受診できます。さまざまな形態の健康診断・人間ドックを実施しています。
    • 35才以上を対象とした人間ドック
    • 30才以上を対象としたミニドック
    • 35才未満を対象とした一般健診
    • レディース健診
    • ストレスチェック
  2. 働き方改革
    「仕事と育児・介護の両立支援」「勤務制度の柔軟化」などを目的とした取り組みを行っています。
    • 在宅勤務、事務所座席フリーアドレス化
    • フレックスタイム勤務制のコアタイム撤廃
  3. 各種健康イベント
    • ウォークラリー
    • 健康セミナーの開催

2、組織体制

組織体制

3、取り組みにおける評価

項  目 2019年度 2016年度
運動習慣者比率 20.45% 12.09%
一人あたりの医療費 306,522円 338,354円