ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立オートパーツ&サービス

大型後部反射器

大型後部反射器 画像

製造元:株式会社 小糸製作所

保安基準により、車両総重量7t以上の貨物車には「大型後部反射器」の装着が義務付けられています。平成23年9月1日以降の生産車両にはECE R70の技術要件を満足した製品の装着が義務付けとなります。

「道路運送車両の保安基準」等の一部改正について

平成19年1月30日付官報にて、「大型後部反射器に係る協定規則(第70号)」(ECE R70)を平成19年4月1日より採用(平成23年9月1日以降の生産車両より強制適用)する旨告示されました。それに伴い、「道路運送車両の保安基準」(昭和26年運輸省第67号)、「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示)(平成14年国土交通省告示第619号)等が改正となりました。

改正内容

使用する反射器の種類をトラック・トラクター用に「縞(ゼブラ)型」、トレーラー用に「額縁型」と限定

  改正前 改正後
取付要件の変更 高さ上端1.5m以下 下端が地上0.25m以上、上端が地上1.5m以下
(ただし自動車の構造上、取付が困難な場合にあっては、2.1m以下)
大型化 一辺が130mm以上の長方形
・反射部の面積:800平方cm以上
・蛍光部の面積:400平方cm以上
長さ(2個又は4個の場合は合計)
1.130mm〜2.300mm
トラック・
トラクター用
幅:140±10m
縞幅:100±2.5mm
トレーラー
幅:200±30/-5m
縁取:40±1mm
反射特性の向上 再帰反射係数 122cd/m2/lx

300cd/m2/lx(現行の2.5倍)

認可番号

マーキング表示例

※現物の文字色は黒色ではありません。

取付位置・取付規定

取付位置・取付規定画像

縞(ゼブラ)型の取付について

(1)縞(ゼブラ)模様が山形紋(八の字)になる様に取付けてください。
(2)指定番号等のマーキング表示が下記の位置に来る様に取付けてください。

車両取付時の
反射器の向き
マーキング表示の位置 取付例(■:マーキング表示の位置)
車両左側 車両右側
横長取付 左右両端
縦長取付 下端

重要

上記の通りお取付け頂いた場合に、縞(ゼブラ)型の左右識別用のマーキング表示が下表の通りになっている事を必ずご確認ください。

車両取付時の 反射器の向き 左右識別用マーキング表示
車両左側 車両右側
横長取付
縦長取付

大型後部反射器ECE部品認証(ECE R70)取得品設定品目一覧

本HPの掲載内容は、メーカからのデータを使用しております。