ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立オートパーツ&サービス

「スタンドアロン診断」と「With PC 診断」、選べる2通りの診断方法で多様な診断ニーズにお応えする診断ツールです。

ダイアグチェッカー HCK-DMZ

製品リーフレット(PDF形式)はこちら   取扱説明書(PDF形式)はこちら   日立ダイアグモニタ専用ホームページへ

スタンドアロン診断の主要機能

故障コードの読み取り/消去  

故障コードの読み取り/消去

 

  • 対応システムのコントロールユニットが記憶した故障コード(DTC)を表示したり、消去することができます。
作業サポート  

作業サポート

 

  • アクチュエータ類を一時的に停止/駆動させて整備作業の補助をおこないます。
  • 部品交換作業の補助として、センサの初期化や学習を実施します。
エンジンシステム診断  

エンジンシステム診断

 

  • エンジンの各種データを取得して、エンジンの状態を表示する、エンジンシステム診断機能を搭載しています。
    ※グローバルOBDU通信のみの対応となります。

【注意事項】
本機能の参考値および診断結果は、あくまで参考情報で自動車および部品の性能を保証するものではありません。
また診断結果から生じた損害に関して当社は、いかなる責任も負わないものとします。

データモニタ  

データモニタ

 

  • グローバルOBDU通信にてカレントデータ(現在データ)を取得して表示します。また、取得時間毎のデータの保存が可能です。
    ※グローバルOBDU通信のみの対応となります。
レディネスコード読み取り  

レディネスコード読み取り

 

  • グローバルOBDU通信にて故障診断装置による故障診断が適切に作動しているかを識別するため、診断時の履歴データを取得して表示させます。また、取得時間毎のデータの保存が可能です。
    ※グローバルOBDU通信のみの対応となります。
フリーズフレームデータ読み取り  

フリーズフレームデータ読み取り

 

  • 車両にトラブルが発生したときECUに記憶されたエンジンやセンサの状態を取得して表示させます。
データロガー  

データロガー

 

  • 保存を選択されるまでの時間データと測定値データを断続的に記録するデータロガー機能として働きます。
    ※グローバルOBDU通信のみの対応となります。
プリンター内蔵  

プリンター内蔵

 

  • HCK-DMZは、搭載プリンターで診断結果をプリントアウトできます。エンジンシステム診断機能を搭載しており、お客様の車両の状態を簡易チェックし、結果を診断シートとして作成します。診断シートはプリントアウトすることも可能です。

With PC 診断の主要機能

データモニタ対応  

国内乗用車8メーカ・国内トラック3メーカでのデータモニタに対応

 

  • 各センサやアクチュエータの動作状況を数値およびグラフでリアルタイムに表示する機能です。
  • 保存したデータを基に、整備解説書の参考値を比較することで、電子制御システムをチェックできます。
アクティブテスト対応  

アクティブテスト対応

 

  • センサからの信号を切り離して、診断機からの命令で各コントロールユニットにアクチュエータを作動させる機能です。

ソフトウエア機能比較

ソフトウエア機能比較

必要システム

パソコン DOS/Vマシン(スペックは下記オペレーションシステム動作推奨環境以上)
オペレーティングシステム Windows XP(32bit)、Vista(32bit/64bit)、7(32bit/64bit)
動作確認ブラウザ Internet Explorer
対象言語 日本語
その他 インターネットアクセスを利用する場合、モデムなどの接続に必要なハードウェアおよびインターネットのアクセス権が必要となり、その場合、プロバイダーへの使用料が発生することがあります。

構成部品

 

主な仕様

表示部 LCD(ドット表示:128×64ドット)日本語表示対応
使用温度・湿度 0〜40℃、80%rh以下(ただし結露のないこと)
保存温度・湿度 -20〜60℃、70%rh以下(ただし結露のないこと)
動作電源電圧 DC10〜32V(OBDUコネクター接続時)
寸法 248o(H)×96o(W)×50o(D)
質量 約550g(プリンター用紙含まず)

安全に関するご注意

  • 正しく安全にお使いいただくために、ご使用の前に必ず「取扱説明書」をよくお読みください。「取扱説明書」は、大切に保管してください。
  • 運転者は安全のため走行中に本装置を操作しないでください。交通事故の原因となります。
  • 本体画面表示は液晶を使用しています。落下衝撃などで万一ガラスが割れ、液晶が流出したときは、その液に肌が触れないようにしてください。もし肌に触れたときはすぐに十分水洗いしてください。
  • 本製品を分解・改造しないでください。故障や火災の原因となります。