ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立オートパーツ&サービス

「アイドリングが不安定?」
アイドリング不調時の交換箇所の特定に役立ちます!

ISCバルブチェッカー HCK-202

特長

本製品は、機械式スロットルチャンバーが装着された自動車のISC(アイドル スピード コントロール)バルブ駆動回路が正常に作動しているか(ECUからの制御信号が正常にでているか)を確認するための測定器です。
ISC不良の場合、ISCとECU両方の交換が必要と言われることがありますが、ISCのみの交換で対応できる場合があります。この不具合の 切り分けにこの測定器がお役に立ちます。

使用方法

端子写真

点検方法は、イグニッションスイッチをオフにし、本製品のワニ口クリップをバッテリーの+端子に接続します。そして、本製品のプローブ4本をISCハーネスの端子1,3,4,6に後ろから差し込みます。接続後、本製品の電源をONにし、LEDが点灯するのを確認します。点灯しない場合は、ISC内部のコイルの断線が考えられます。次にエンジンを始動すると各LEDが点滅します。点滅せず、点灯のままだと、ECUの不具合が考えられます。

仕様

外形寸法 95(W)×58(D)×18(H) mm
質量 約128g
ISCバルブチェッカー本体図