ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立オートパーツ&サービス

FANT-DG11タイトルイメージ画像

FANT-DG11画像
※写真はFANT-DG11FR

車載用地上デジタルフラットアンテナは、今まで好評をいただいてまいりましたFANTシリーズの最新モデルで、今までにないタイプのカーテレビアンテナです。テレビ電波を受信するエレメントと回路基板を薄型のフラットパッケージに納めることで、ダッシュボードに貼るだけ(※1)の取り付けを実現しました。
商品は2種類のアンテナ端子に、それぞれ2チャンネル用と4チャンネル用、計4タイプをご用意しています。

※1.フロント取付の場合です。アンテナ本体は両面テープで固定します。

特長

カーテンエアバッグ車にも取付可能※1

カーテンエアバッグ(サイドエアバッグ)は多くの欧州車に搭載されており、近年国産車にも急速に採用が進んでいます。カーテンエアバッグは、フロントピラー内部に機構が組み込まれているケースが多く、ピラーカバーを取り外したり、ピラーに隣接して何かを取り付けることはできません※3。本製品はフロントピラーにケーブルを通さないので、カーテンエアバッグ車にも取り付けが可能です。

取付時間短縮※1,※2

アンテナ本体はダッシュボードに両面テープで固定するため、取付時間が短くなりました。

汎用性アップ※1

カーテンエアバッグ車にも取り付けが可能となり、汎用性が拡大しました。

載せ替え可能※1,※4

ガラス貼付アンテナのエレメントは、一度貼り付けると再利用できませんが、フラットアンテナなら再利用でき載せ替えが可能です。

※1 当社フィルムアンテナ比較 ※2 フロント取付の場合です。アンテナ本体は両面テープで固定します。
※3 一部の車種を除きます。 ※4 載せ替えの場合は両面テープが必要となります。

部品構成

2チャンネル用

FANT-DG11F , FANT-DG11F/PI

FANT-DG11F部品構成画像

  • @アンテナ(フロント)…2個
  • Aケーブルクランプ…6個
  • Bクリーナー…1枚

※写真はFANT-DG11F

部品構成

4チャンネル用

FANT-DG11FR , FANT-DG11FR/PI

FANT-DG11FR部品構成画像

  • @アンテナ(フロント)…2個
  • @アンテナ(リア)…2個
  • Aケーブルクランプ…12個
  • Bクリーナー…2枚

※写真はFANT-DG11FR

仕様

2チャンネル用

  FANT-DG11F FANT-DG11F/PI
受信チャンネル UHF:13〜62ch
周波数範囲 UHF:470〜770MHz
電源電圧 DC8V(接続の地デジチューナーより電源供給)
出力インピーダンス 50Ω×4
(GT13S-1S-HU端子付き)
50Ω×4
(GT16F-1S-HU(A)(茶))
アンテナ寸法 148mm(W)×25mm(D)×5mm(H)
ケーブル長 4m
質量(重さ) 約42g(※1)×2個 約71g(※1)×2個
地デジチューナー側
アンテナ入力端子形状(参考)
(※2)
GT13S
入力端子FANT-DG11F画像
GT16F
入力端子FANT-DG11F/PI画像

※1 ケーブルを含む ※2 製品によって方向が異なる場合があります。

4チャンネル用

  FANT-DG11FR FANT-DG11FR/PI
受信チャンネル UHF:13〜62ch
周波数範囲 UHF:470〜770MHz
電源電圧 DC8V(接続の地デジチューナーより電源供給)
出力インピーダンス 50Ω×4
(GT13S-1S-HU端子付き)
50Ω×4
(GT16F-1S-HU(A)(茶))
アンテナ寸法 148mm(W)×25mm(D)×5mm(H)
ケーブル長 フロント用:4m、リア用:7m
質量(重さ) フロント用:約42g(※1)×2個、
リア用:約62g(※1)×2個
フロント用:約71g(※1)×2個、
リア用:約116g(※1)×2個
地デジチューナー側
アンテナ入力端子形状(参考)
(※2)
GT13S
入力端子FANT-DG11FR画像
GT16F
入力端子FANT-DG11FR/PI画像

※1 ケーブルを含む ※2 製品によって方向が異なる場合があります。

接続イメージ

FANT-DG11接続イメージ

※図は4チャンネル用の接続・取付イメージで、2チャンネル用の場合はフロントのみとなります。

安全に関するご注意

  • 取り付ける際、必ず本製品に同梱されている「取付・取扱説明書」をご覧ください。
  • 必ず付属の指定部品を使用してください。
  • 指定以外の部品を使用すると、機器内部の部品をいためたり、しっかりと固定できずにはずれたりして、事故や故障の原因となることがあります。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。